◎本社工場・
   プリントショップ

〒143-0015
東京都大田区大森西

7-8-22

Tel:03-3737-0761
Fax:03-3737-0769

◎事務所・DTP

〒144-0052
東京都大田区蒲田

1-24-7

Tel:03-3732-1251
Fax:03-3732-1252

◎メール

subaru@green.interq.or.jp

自費出版の企画から発行まで

企画

まず何の本を作るのかを明確にしましょう。
では、具体的にはどんな種類の自費出版があるのでしょうか。
自分史・一族史・郷土史・詩集・句集・歌集・追悼集・記念誌・画集・裁判記録などがあります。
どんな目的でどんな種類の本を作るか自分の中で整理しておきましょう。
よい本を作るために下記の2点を明確にしておきましょう。
  1. 本は、表紙と複数のページで構成されています。
    バラバラの体裁であればよい本とはいえません。
    本の内容によって、字の組み方などが決まってきますので、内容に沿って本を作り上げるようにしましょう。
  2. 話題があちらこちらにとんでしまい、読みにくくなってしまうことがないように注意しましょう。

原稿作り

自費出版をするには、原稿が必要です。
ここでいう原稿とは文章・写真・絵など本に入れるもの全てです。見積りを依頼する前にまず原稿をそろえてください。
原稿の形態は特に決まっていません。手書き原稿、ワープロ原稿など、持ち込む形態に気を遣う必要はありませんが、読みやすい文字、順番がわかることは大切なことです。 原稿の出来によって出来上がりの本の質がほぼ確定となります。
原稿は原稿用紙に○字○行でなど形式にこだわる必要ありませんが、体裁を考えると、なるべく原稿の字数を揃えることをおすすめします。(編集しやすいのでお安く出来ますし、読みやすい本になります。)
足りない分、不都合な部分の追加や修正が終わったらもう一度原稿を最初から見直してください。 私どもの仕事は「原稿を本という形に変化させること」です。原稿の内容に関しては手を加えません。よく本を作り始めてから文章を見直そうという方がいらっしゃいますが、本を作り始めてからの文章変更作業は基本的には校正のみです。校正は原稿と体裁を整えた後のものが違わないかを確かめる作業です。文章を差しかえたりというような作業は校正ではなく、修正です。
これは、製作コストに跳ね返ってきます。校正用にでてきた紙面を原稿づくりのたたき台にすることは避けてください。 文章に挿入する写真についても原稿にクリップでとめるなどして入れる場所、枚数を明確にしておいてください。
このとき絶対にセロハンテープやのりなどで写真を固定しないでください。 大事な写真が痛んだり、私どもの作業に支障が出ます。特に貴重な写真はビニール袋に入れるなどの配慮をしてください。 私どもは原稿の取扱いには細心の注意を払っていますが、事故を未然に防ぐためにもご協力お願いいたします。

見積り

見積りをご依頼いただく前に、自費出版は多種多様で価格もまた多種多様である、ということを頭に入れておいてください。
見積り方法には大きく分けて2つあります。
  • 1つ目は、「客さまからの条件をもとに価格を出す」方法です。
    見積りに最低限必要な情報は、本のサイズ、およそのページ数、部数、写真枚数などです。
    私どもはこれらをもとに紙の種類、製本の形態などをご提案し、お見積もりいたします。
  • 2つ目は、「お客さまのご予算に応じてどんな本ができるかご提案する」方法です。
    私どもにご予算、本の種類を伝えていただきます。
    その予算内で可能な本のページ数、写真点数、部数などを私どもからご提示いたします。
    本の装丁・内容の形態で価格は大きく変わりますので、できるだけ具体的な情報を私どもにお伝えください。 こんな本にしたいという見本をお持ちいただくと、より正確にお見積りいたします。 原稿をお預かりした時点で最終的にお支払いいただく金額をご提示いたします。

原稿入稿後の行程

原稿が入稿された後、私どもはこんな風に本を作っていきます。
  1. 文字入力作業をする(文字データ入稿の場合は必要ありません。)
  2. 組版作業
  3. 表紙のデザイン
  4. 校正をする(組版したものが原稿と違っていないかチェックいただきます。)
  5. 製版、刷版(原稿をダイレクトに刷版する場合と、フィルム製版したものをPS刷版する方法があります。)
  6. 印刷
  7. 製本
  8. 納品
 

文字入力・文字データ

文字入力作業は非常に時間のかかる作業で、一番間違いの起きやすい作業でもあります。
原稿は多種多様な形で入稿されてきます。直筆、ワープロ出力などが主なものです。
ワープロもしくはパソコンを使って原稿を書いた場合、そのまま文字データとして私どもに持ち込んでください。文字入力が不要になるので製作費が安くなります。
このとき持ち込む文字データは事前に校正をしておいてください。
※ただしワープロで文字データを作った場合には、DOSフォーマットし、DOSテキストとして保存してください。 お持ちいただいた文字データをもとにして、編集・組版していきます。

校正

校正作業とは原稿と組版されたものが一致しているかを確認する作業です。
最近では直しが比較的簡単にできるようになったためか、校正用にプリントされたものを原稿にしてしまう傾向があるようです。校正用にプリントされたものは体裁も整っていますし字も綺麗ですので、気持ちはわかりますがこれをやると価格の上乗せにつながります。
校正作業は基本的には2回ですが、直しが多い場合には3回以上行う場合もあります。
校正は重要でここで間違っていると印刷物にそのまま反映されてしまいます。 2回目以降の校正はあくまでも前の校正で指示した場所が直っているかの確認としてご使用ください。
再度新しい文書を入れると、さらに再校正が必要となります。

製版・刷版・印刷

校正が終わると製版・刷版・印刷作業へと移ります。 印刷方法には2種類あります。
文字・イラストなどが主な内容で、少部数の印刷物にはダイレクト印刷が最適です。
写真などをきれいに印刷したい場合や部数の多い印刷物はフィルムを使うこと(オフセット印刷)をおすすめいたします。
製版・刷版方法は、印刷方法の種類によって変わります。ダイレクト印刷は、原稿を直接刷版します。
オフセット印刷は、原稿をフィルム撮影(製版)し、アルミの版(PS版)に刷版します。ただしオフセット印刷の場合は、フィルムに出力しますし、アルミの版を使いますので、印刷代金が割高になります。
私どもに原稿をお持ちいただいた際、どちらの印刷方法にされるかご希望を承ります。
 

製本

印刷が終了すると製本の工程に入ります。
製本には大きく分けて「上製本」と「並製本」があります。価格的には「上製本」の方が高くなります。
ここでは簡単に説明します。実際には見本を私どもでお見せいたします。
  • 上製本−ハードカバー(表紙が硬い・紙や布などが張ってある)丸い背の物と平面の背の物がある。
    表紙に布を張る場合は、金・銀などの箔押しという方法を使います。
  • 並製本−本文よりも厚い紙を表紙にする。
非常に簡単な説明ですが、ここでは上記のように理解してください。
表紙が硬いか柔らかいか、それによって本の印象はどうなるかという基準でいいと思います。
実際に価格が高いから「上製本」がいいかというと、本を気軽に読んでいただきたい場合には並製本の方が本の持つ表情が柔らかくなり効果的です。
ただし、並製本と上製本では値段が格段に変わるということを理解しておいてください。
製本の価格はオプションによって変わってきます。
カバーをつけるか、しおりをつけるか、見返し(表紙の補強・装飾)をつけるかなどです。
私どもにお客さまの持っているイメージをお話しくだされば、ベストなご提案をさせていただくことが出来ると思います。

簡単にご説明させていただきました。
分からないことは、なんでもお問い合わせください。
お客さまのご希望にそったアドバイスをご提案いたします。